FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 在宅介護 › 認知症のおとんは、太陽だ!
    2020-07-06 (Mon) 15:00

    認知症のおとんは、太陽だ!

      こんなにあたたかい家庭を

      与えてくれてありがとう

      ー 嫁の私 ー

      認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。

      アルツハイマー型認知症義父おとん要介護3です。

      在宅介護で、気がついたことを書いています。


      おとんは、認知症になってアルツハイマー能力を
      全力で活用している。


      認知症だけど、おとんはやはりおとんなのだ。


      「認知症のおとんのこと」
      を書いています。

      幸せ家族
      (↑うちの家族)

      「おとんは太陽だ」

      私がこの家に嫁いだとき、おとんは仕事一筋人間だった。


      休みの日でも、仕事をするようなまじめな人だ。


      私は、はじめてできた父親がうれしくてよく話しかけた。


      しかし真面目人間のおとんは、私が話しかけても

      「ああ・・」とか「うん」しか言わない。


      私のおとんの印象は「笑わない人」「人を寄せ付けない」

      そんな無口な人なんだと思っていた。


      認知症になるまで私は、おとんを誤解していた。


      おとんの息子(主人)も無口だ。


      しかし、おとんの息子は神の域にいる。


      おとんのアルツハイマー攻撃

      「5分置きに何度も同じ質問をする」

      に普通に何度も同じく答えられるのだ。


      いくら息子でも、毎日同じ質問におだやかに
      答えられるものだろうか?


      私は、主人にイライラしないか?
      聞いてみた。


      主人は
      「イライラ?しないよ。どちらかと言えばうれしい」
      と言うのだ。


      この神さまは、おとんの息子だ。


      おとんが、育て上げた息子なのだ。



      そして私が(実母親付きで)嫁にくるとき、

      義母に反対されたけどおとんが助けてくれた。


      優しい息子(主人)がいるのも、

      私がこの家で楽しく暮らせていけるのも、

      すべておとんのお陰なのだ。


      おとんは、いつだって嫁の私の正義のみかた。


      今おとんは、父親らしくから解放され自由だ。


      今、この瞬間を精一杯生きている。


      認知症になっておとんは、自分らしい自分でいられる。


      認知症のおとんは、よく笑う。

      私とたくさん話もしてくれる。


      私は今、とてもありがたい環境にいるのだ。


      おとんをはじめ、家族が健康でいてくれる。


      1日を無事に、むかえられる日々が今日まで続いて・・・

      なんて私は、幸せなんだろう。


      こんなありがたい家庭を、あたえてくれた

      おとんに感謝します。


      おとんは、私の太陽なのだ。

      おしまい。

      最後まで、お読みいただきありがとうございます。
      幸せいっぱい

      皆様が読んでくださるので励みになります。
      幸せでいてください。(^_^)ノせばね~

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村
      いつもありがとうございます。
      スポンサーサイト



      [Tag] * 在宅介護 * 認知症 * 父親

      最終更新日 : 2020-07-06

      Comment







      管理者にだけ表示を許可