fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › Category - 排泄問題
    2021-04-17 (Sat)

    新レシカルボン座薬は、トイレの神様です。

    新レシカルボン座薬は、トイレの神様です。

    スキップするように生きたいー 嫁の私 ーアルツハイマー型認知症義理の親在宅介護中嫁の私です。私のブログに、お運びくださりありがとうございます。今日の記事は、便秘症のおかんに私がレシカルボン座薬を入れるお話です。レシカルボン座薬は、トイレの神様です。レシカルボン座薬とは?飲み薬ではない。お尻から入れ、便を出しやすくするためのものだ。便秘薬でも依存性、習慣性になりにくく副作用が少ないのがよい。便秘症の高...

    … 続きを読む

    2020-07-12 (Sun)

    便秘薬(下剤)は、便のコントロールが難しい。

    便秘薬(下剤)は、便のコントロールが難しい。

    腸から幸せをもらうー 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義母(呼び名おかん)要介護3です。在宅介護で、気がついたことを書いています。認知症になると、便秘はつきものだ。便秘になると病院では、必ず下剤(便をだすお薬)が処方される。おかんは、下剤を飲むとお腹が痛くなりゲリになる。便の片付けが大変になる嫁の私。下剤で、便を出すタイミングが難しい。「便がでるのをコントロールする...

    … 続きを読む

    2020-07-08 (Wed)

    尿が、もれるパットのあてかた。

    尿が、もれるパットのあてかた。

    一つだけ教えます。これからも何度でも つまずきます。ー 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義両親要介護3です。在宅介護で、気がついたことを書いています。認知症の親の介護が、8年めになる。いまだに、排泄が苦手なのだ。介護者である私は、もれないようにもれないように細心の注意をはらってパットを交換している。それなのにーーー。朝おきると、尿もれで本人はベチョベチョ。全身を着替え...

    … 続きを読む

    2020-06-30 (Tue)

    トイレでの排泄は、誘うタイミングが大切です。(トイレ誘導の3つのコツ)

    トイレでの排泄は、誘うタイミングが大切です。(トイレ誘導の3つのコツ)

    シッコ・モラ・シーター 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義母おかん要介護3です。在宅介護で、気がついたことを書いています。おかんは、アルツハイマーの能力をフル活用のためトイレの失敗が増える。(失敗は、心が傷つく)失敗が、増えると認知症が悪化する。記憶障害(トイレの場所がわからない)理解力低下(排泄のやり方がわからない)判断力低下(便が汚いのかわからない)などアルツハ...

    … 続きを読む

    2020-06-24 (Wed)

    認知症の母の排泄介助はデリケート。

    認知症の母の排泄介助はデリケート。

    認知症とは?素直になれない病ですー 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義母おかん要介護3のお話です。在宅介護で、気がついたことを書いています。アルツハイマーの能力に、見当識障害(場所がわからない)理解力低下(言葉だけではわからない)判断力低下(良し悪し)などがある。この能力が、あるために日常生活のあたりまえとされる食事・入浴・排泄ができなくなる。そのため介助が必要とな...

    … 続きを読む