fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › Category - 高齢者の親と家族のスキマ
    2023-01-31 (Tue)

    厄介者

    厄介者

    病気に 負けるなー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を共にする嫁の私です。家族や周りの人は、親の能力の低下による生活障害ばかり気になって、本人が悩み苦しんでいることに気がつけないのです。いちばん大切なことなのに。症状ばかりみて、本人を厄介だと思っていませんか?認知症をもつ親の苦悩は、大きくわけて、二つあると思うんです。一つは、日常生活の能...

    … 続きを読む

    No Subject * by ほんなあほな。
    認知症側も、見守る側も、
    お互いに、余裕がなくなるんでしょうね。
    自身は、不安だし、見守る側も優しくばかりはしていられない。。。
    実際に、その立場にならないと難しいでしょうね。でも、環境を整え、その人にあった対応する…心に留めておきます。
    我が家も、いいお年頃。
    共に暮らしていくうえで、一番大事なことを忘れずに・・・ですわ。

    揚げパンっぽいのかしら??
    きな粉がいい仕事してくれそう~^^

    No Subject * by sheep☆
    こんにちは♪
    コメントいただきありがとうございました。
    しまぽよさまの 認知症の親に対する考え方・接し方を勉強させていただいてます
    わかっちゃいるけど・・・・・
    表情にでてしまったりして 傷つけていること多々ありな自分です
    きっと うちのbabaさま
    今迄のように動けない自分がツラいと思います
    また訪問させていただいて
    気づかせていただきたいと思います



    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    ほな。さんコメントありがとうございます。
    そうですね、私は実の母も介護しましたが、
    認知症をもつ親の介護は、実際にするまで
    、わかりませんでした。
    今はどう対処すれば良いかわかるので、精神的に楽です。
    時間に終われますがw

    歳を重ねると心配ごとは増えますよね。
    お互いに健康に気をつけて、同じ方向をみていれば
    何とかなるさあ~と思っています。
    ほな。さんいつもありがとうございます。
    しまぽよより

    Re: sheep☆ 様へ * by -
    sheep☆さま
    コメントありがとうございます。
    私も勉強中の身なので、こちらこそ勉強させていただいてます。
    人間ですから、感情はダダ漏れになります。w
    傷つけるつもりがなくても、そういう日ってありますよ。
    ムリのない介護でいきたいものですね。
    ご訪問ありがとうございます。

    しまぽよより



    No Subject * by なっつばー
    介護される側になりつつあるので、こういうことがあるのよって周囲の人には理解してもらいたいですね。
    そうしたら両方幸せになれるのにね。
    油菓子、作られたのですね。
    好評でしたか?
    良かった~~。

    Re: なっつばー 様へ * by -
    なっつさんコメントありがとうございます。
    おっしゃるとおりです。
    理解なんですよね。
    病気や歳を重ねるとどうなるか、親は身をもって教えてくれているのですから、受け入れていかないとです。
    っとわかっていますが、自分の器が小さいからなかなか上手くいかないのもです。
    お陰様で親も喜んで食べていました。
    なっつさんありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    2023-01-12 (Thu)

    自車通勤をタクシー通勤にする親。これって認知症?

    自車通勤をタクシー通勤にする親。これって認知症?

    悩みは 心の無駄遣いー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を共にする嫁の私です。先日、親類縁者さまの話を聞いてて、認知症をもつ親の想いは、なかなか家族には、わからないと思いました。私を含めて。認知症の症状さえ気づけないこと。家族と争いになる背景。認知症と診断される前の出来事です。📷吸いがらも、並べる几帳面な親。昔こんなことがありました。義理...

    … 続きを読む

    No Subject * by ほんなあほな。
    おとんさん、自分自身でも、車の運転で迷子になったことが信じられなかった、認めたくなかったのかもしれませんね。。。
    切ないような・・・なんだか。。。

    今の段階で、私は、車のナビとしょっちゅう喧嘩し、
    1本前で曲がったり、交差点を通り過ぎたり・・・で、ナビを黙らせてしまうぐらいの方向音痴です(-_-;)
    自分で方向音痴は認めてるけれど・・・こんな調子だから、認知症の症状だとしても、
    車の運転じゃ、気が付いて貰えないかもしれないなぁ。。。

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    ほな。さんコメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり、おとんは、「何かがおかしい」
    と気づいてましたが、認めたくなかったと思います。
    家族が認知症に気づくのは、だいぶ時間がたってからでした。
    うちのおかんも、元々が方向音痴もあり、食事の支度もままならなかったので、病院で「うつ」と診断されました。結局は、認知症でしたけど。
    医者でもわからないのに、家族はもっと難しいと思いました。
    ほな。さんナビとケンカしてるんですねww

    いつもありがとうございます。
    しまぽよより

    No Subject * by 園長
    タクシーを使うのは
    おとんさんが精いっぱい考えた方法だったんですね。
    自分の車で行くことに固執して
    遠くの県まで行ってしまったり
    事故を起こさなかっただけ良かったのかな。

    いろんなことが起こりますね、
    しまぽよさんが そのたび
    ちゃんと向き合っているの、すごいと思うわ~

    No Subject * by なっつばー
    考えさせられます。
    68歳って主人と同じ年の時ですから。
    私だって近い年です。
    お金はかかりましたが、何も考えずに運転していたら事故になっていたかもしれませんね。
    そう思うと、おとんさんは賢明な判断をされたのだと思えます。
    そして、おとんさんの変化に気が付けたのも、しまぽよさんが日頃から寄り添っていたからこそと思います。
    おとんさんの心中を思うと辛いですね。

    Re: 園長 様へ * by -
    園長さん、コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり、おとんは精一杯考えた結果
    だと思います。
    ほんとう大惨事にならなくて良かったです。

    近所の方で、未だ迷子になって帰宅されない
    親さんもおられます。
    認知症を患うと、いろんなことが起きますが、
    きちんと向き合って助け合わなければと思ってます。
    家族ですから。

    すごいと思うなんて、お褒めくださり
    ありがとうございます。
    園長さんいつもありがとうございます。
    しまぽよより

    Re: なっつばー 様へ * by -
    なっつさんコメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり、おとんの考えぬいた判断が良かったと思います。
    大惨事にならなかったのも、おとんのお陰です。
    男の人って車が命みたいな所がありますから、
    自分から、運転やめるのはつらかった思いますし、
    おかしな自分に気がついたとき、すごく恐怖を
    感じたと思います。
    もう少し早く気がついてあげられたら、と思いました。
    家族は、変化に気づきにくいですね。

    歳を重ねると、いろんな問題がでてきます。
    それにとらわれすぎずに、今を楽しんで
    暮らしてゆけたらと、思います。
    なっつさん、いつも気づきをありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-11-22 (Tue)

    80歳の親はトイレに行くのも一大決心がいる

    80歳の親はトイレに行くのも一大決心がいる

    悲しい気持ちはねふたをしなくていいんだよー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を共にする嫁の私です。自分も歳をとって気がつきました。老いると、自分が情けない気持ちになるんですね。思うように動けなくなるから。それでも高齢者の親は、頑張ってくれています。「ほら また脱ぎっぱなしやで~」「ほら また電気つけっぱなしやで」主人は、トイレの前に、脱ぎ...

    … 続きを読む

    No Subject * by ほんなあほな。
    あ・・・家は、私が「ほらマタ病」かもw
    って、高齢の親じゃなく、やったらやりっぱなし、出したら出しっぱなしの、100%性格によるうっかりなおっちゃんに対してだけれどw

    ああ、家の兄も、そうだけれど、
    男性の方が、親の加齢、少し子供の様に、ずぼらになっていくことが、認められないんおかも・・・
    よく、オカンが、「お兄ちゃんに汚いって言われる」ってしょげてたなぁ。。(´;ω;`)ウゥゥ

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    ほなさん、コメントありがとうございます。
    おっちゃんさん「っぱなし病」なんですね。
    私も、その症状があります。
    相当意識しないと、治らないようです。
    とうの本人は、悪気も無く意識していません。
    言われたときだけ、見逃してくれ~と内心思いますが、
    おかんや主人に、教育的指導をされますww
    そのうち慣れて、教育的指導も聞こえなくなるという症状が現れます。

    オカン様お気の毒です。

    しまぽよより






    No Subject * by なっつばー
    確かにわかってても指摘されるとカチンとくることありますね。
    私もつまづいたり、手に持っているものをこぼしたり、物の置忘れなんてしょっちゅうです。(^▽^;)
    本人はそれが情けないって思うのですよね。
    指摘するって、その情けない気持ちに追い打ちをかけることになるんですよね。
    もう気にかけてあげたい人はいないので、自分は馬耳東風ですごしましょう・・・ってね。(笑)

    Re: なっつばー 様へ * by -
    なっつさんのおっしゃるとおり、馬耳東風ですね。w
    聞き流す技術必要です。
    認知症をもつ親は、脳の障害のためにそういうことができないのです。
    で、ケンカになります。w
    介護者する家族は、大人にならないといけないですね。
    なっつさんいつも気づきをありがとうございます。
    しまぽよより

    元気になれます * by バンポマダム
    疲れて否定的になっていても
    しまぽよさまのお話を読むと 前向きな気持ちになります。
    ありがとうございます(^^)

    Re: バンポマダム 様へ * by -
    バンポマダムさん、コメントありがとうございます。
    前向きになれると言ってくださり、ありがとうございます。
    私の文章で誰かのお役に立てたと思えると、嬉しいです。
    来て下さりありがとうございます。(*^_^*)
    しまぽよより

    No Subject * by 園長
    親につい言いたいこと言ってしまうのは
    血が繋がっているという一種の甘えがあるんでしょうね~
    親と一緒に暮らせるのも
    良いお嫁さんがいるからですよと
    旦那様に要ってあげたい(←余計なお世話 笑)

    Re: 園長 様へ * by -
    園長さんコメントありがとうございます。
    子供は、何歳になろうと親に甘えますよね。
    5080問題もありますし。
    親が病気や老いを抱えてることを忘れちゃう
    だろうなぁと思います。
    親って、すごいなとつくづく
    感心してしまいます。
    嫁の私は足元にも及ばないですよ。
    園長さんいつもお褒めの言葉ありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-10-13 (Thu)

    介護を受ける3つの心構え

    介護を受ける3つの心構え

    紙パンツをはく覚悟ー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を共にする嫁の私です。老いると、不憫なことが増えますね。親の介護経験から、自分が介護される側になった時の心の在り方を書いてます。あくまでも、個人的です。<介護を受ける心構え>・生きることを肯定する。※病むと孤独になりますが、どんな状況になろうとも、最後まで生き抜いてやるという覚悟。「早...

    … 続きを読む

    * by ちえ
    こんばんは。老いは平等にやってきますものね。老いない人はいませんからね。いつかは自分も介護される側になるのですからね!お父様に教わる事が私もたくさんありました🍀いつも見守って下さってると思います!しまぽよんのブログいつも楽しみにしています😊

    No Subject * by なっつばー
    一つ、一つが重く深く心に響きますね。
    存在してくれるだけで嬉しいと思っていること。
    やっぱり相手のことを好きと思う気持が根底になければ難しいですね。
    行く道のこと、問題山積かな~~。(^▽^;)

    Re: ちえ 様へ * by -
    ちえさん、いつもありがとうございます。
    年老いた親を看ていると、自分もこうなるんだろうなぁと感じます。
    お陰さまで、人生を学ぶことができますね。
    ありがたいことです。

    ちえさん、つたない文章を読んで頂きありがとうございます。
    こちらこそよろしくお願いします。

    しまぽよより

    Re: なっつばー 様へ * by -
    なっつさんいつもありがとうございます。
    心に響いてくださり嬉しいです。

    親を看てると、家族の信頼関係って、とても大事だなと感じます。
    なっつさん家は、わん猫含めて信頼関係厚いと思ってます。
    子供は親の背中みて育ちますよね。
    なっつさんいつもお付き合いありがとうございます。

    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-09-16 (Fri)

    昔話は心である

    昔話は心である

    生き延びる才覚を学ぶー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を見守る嫁の私です。気がついたことを書いています。同じ戦後でも、生き方はひとりひとりが違うんですね。昨夜は、友人とそのお母様(89歳)が遊びに来ました。お母様のお話が、とても心に残ります。お母様が幼い頃、家の近くにアメリカの飛行機が落ちて来たそうです。のぞいたら、操縦士が女の人でたい...

    … 続きを読む

    No Subject * by なっつばー
    布団の打ち直しは、近所にお布団屋さんがあって店先で見ているのが好きでした。
    祖母も家で打ち直ししていましたよ。
    広げた布団綿を、袋状になってる布団生地に詰め込む作業が面白かったです。
    何だか魔法みたいに布団が出来上がっちゃうんですよね。
    お醤油屋さんも、瓶を持って買いに行くとその場で詰めてくれました。
    今みたいにスーパーマーケットがなかった時代には、作り手の姿が近くにあって良かったです。
    そして子供が一人で見に行っても、誰も邪魔にしなかった。
    地域の子どもって感じで、みんなが知っている間柄でしたね。
    あれ、私もオバーチャンの昔話ですね。(笑)

    Re: なっつばー 様へ * by -
    なっつさんいつもありがとうございます。
    うちの実の母も、言ってました。
    ビンを持って、お醤油を買いに行く・・・
    母はそれがとても嫌だったって。w
    私は、家が建っていく過程が好きでよく見にいきました。
    完成すると、お祝い餅をまくから拾うの楽しかったです。
    大人は誰も怒らないし、よく見なさいと。
    素敵な時代です。

    懐かしいです。
    なっつさん、素敵なお話をありがとうございます。
    また聴かせてくださいね。

    しまぽよより

    No Subject * by ほんなあほな。
    あら、夕飯のお魚、大漁~♪

    私が子供の頃、家のオカンも布団の綿の入れ替え、打ち直しをしていました^^
    大掃除では、畳も上げて、畳の下の新聞紙を入れ替えて、畳は干して、パンパンしたり。思い出しました^^v

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    ほなさんいつもありがとうございます。

    うちも畳をパンパンたたく、新聞ひいてありました。
    懐かしい思い出は、宝箱をあけるような感じですね。
    大人になった私は、畳をパンパンたたかなくなりましたよ。
    少し寂しい気がします。

    ほなさんのお陰で、私も思い出しました。幸せです。
    ありがとうございます。

    しまぽよより

    Comment-close▲