fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › Category - 高齢者の親と家族のスキマ
    2022-09-16 (Fri)

    昔話は心である

    昔話は心である

    生き延びる才覚を学ぶー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を見守る嫁の私です。気がついたことを書いています。同じ戦後でも、生き方はひとりひとりが違うんですね。昨夜は、友人とそのお母様(89歳)が遊びに来ました。お母様のお話が、とても心に残ります。お母様が幼い頃、家の近くにアメリカの飛行機が落ちて来たそうです。のぞいたら、操縦士が女の人でたい...

    … 続きを読む

    No Subject * by なっつばー
    布団の打ち直しは、近所にお布団屋さんがあって店先で見ているのが好きでした。
    祖母も家で打ち直ししていましたよ。
    広げた布団綿を、袋状になってる布団生地に詰め込む作業が面白かったです。
    何だか魔法みたいに布団が出来上がっちゃうんですよね。
    お醤油屋さんも、瓶を持って買いに行くとその場で詰めてくれました。
    今みたいにスーパーマーケットがなかった時代には、作り手の姿が近くにあって良かったです。
    そして子供が一人で見に行っても、誰も邪魔にしなかった。
    地域の子どもって感じで、みんなが知っている間柄でしたね。
    あれ、私もオバーチャンの昔話ですね。(笑)

    Re: なっつばー 様へ * by -
    なっつさんいつもありがとうございます。
    うちの実の母も、言ってました。
    ビンを持って、お醤油を買いに行く・・・
    母はそれがとても嫌だったって。w
    私は、家が建っていく過程が好きでよく見にいきました。
    完成すると、お祝い餅をまくから拾うの楽しかったです。
    大人は誰も怒らないし、よく見なさいと。
    素敵な時代です。

    懐かしいです。
    なっつさん、素敵なお話をありがとうございます。
    また聴かせてくださいね。

    しまぽよより

    No Subject * by ほんなあほな。
    あら、夕飯のお魚、大漁~♪

    私が子供の頃、家のオカンも布団の綿の入れ替え、打ち直しをしていました^^
    大掃除では、畳も上げて、畳の下の新聞紙を入れ替えて、畳は干して、パンパンしたり。思い出しました^^v

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    ほなさんいつもありがとうございます。

    うちも畳をパンパンたたく、新聞ひいてありました。
    懐かしい思い出は、宝箱をあけるような感じですね。
    大人になった私は、畳をパンパンたたかなくなりましたよ。
    少し寂しい気がします。

    ほなさんのお陰で、私も思い出しました。幸せです。
    ありがとうございます。

    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-08-24 (Wed)

    親の介護の受けとめ方で心の負担はかわる

    親の介護の受けとめ方で心の負担はかわる

    正しい人生の参考書は売っていませんー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を見守る嫁の私です。いつまでも、変わらないでほしい家族との大切な時間。けれど、親は必ず老います。病気も死もつきものです。あなたは、老いた親(認知症)の介護をどう受けとめますか?義理の親の認知症介護が始まった時、「どうして私だけが貧乏くじ引いちゃうんだろう」そう感じてま...

    … 続きを読む

    No Subject * by なっつばー
    見方を変える。
    実はこれが一番難しいことなのかもしれませんね。
    私も薪わりしましたよ。
    ただ家のお風呂を沸かすためのものですけどね。
    でも、斧を使うのも薪をくべるのも上手いと思います。(笑)
    出来るようになって損なことはありませんね。
    猫さんが見ているのはズイキかしら。
    美味しい煮物になるのかな?

    Re: なっつばー 様へ * by -
    おっしゃるとおりでございます。
    見かたを変える。
    病気で変わってしまった親の姿を目のあたりにすると、なかなかよういにできることは難しいですね。かかわっていくうちに、みえてくるものがあるんですけど、それまでの葛藤はたいへんです。

    なっつさんの薪割りみたいですw
    たぶんプロ並み以上だと想像しています。

    ずいきは、冬に使う分を乾燥させて保存します。
    残りは、煮物と酢の物にしました。

    なっつさんいつもありがとうございます。

    しまぽよより

    No Subject * by ほんなあほな。
    うんうん、イイ方向に、ポジティブに物事を受け止めれたら、
    きっと、その問題は、ポジティブに進んでいくと思うんです。
    介護も、同じなのかもしれません。
    そんな目で見ていたら、親御さんに新しい発見、見方も出来るし^^vv

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    そうなんですよね。
    ポジティブに物事を受けとめられるといいですよね。
    全部まるごとポジティブじゃなくても、10あるういちの一つでも、受けとめられると明日から人生バラ色です。

    ほなさんいつもありがとうございます。
    励みになります。

    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-08-10 (Wed)

    「早くお迎えに来て欲しい」と呪文をとなえる親と家族の思い

    「早くお迎えに来て欲しい」と呪文をとなえる親と家族の思い

    いのちの長さより いのちの質ー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)不思議な生活を見守るよめのわたしです。親は高齢になると、自分のことだけで精一杯?家族の気持ちは、後回しになるのでしょうか?「早くお迎えに来て欲しい」この呪文は、高齢者になると言わなきゃいけないお約束なのでしょうか?亡き祖母も、旅だった実の母親も、義理の両親も、お向かいの奥さんまでも、口を...

    … 続きを読む

    No Subject * by なっつばー
    口に出して言う言葉と気持ちは裏腹かもしれませんね。
    母もよくもう死んだほうがいいって言ってました。
    でも、体調が悪くなるとすぐに病院に連れて行けっていうんです。
    あれ~~?です。
    一生懸命に生きぬいてきた世代ですもん、わがまま言って長生きしてくれたらいいのにね。

    Re: なっつばー 様へ * by -
    高齢の親というものは、一度はあの世の話になるんですね。
    うちの義理の母おかんの場合、診察嫌いで
    病院へ連れて行くのたいへんです。
    行くと病気になるって言うんですよ。
    先生の前では、良い顔するんですけど。w
    ある意味、自由に生きているのかも?

    家族は、元気でいてほしいですね。

    なっつさんいつもありがとうございます。
    しまぽよより


    No Subject * by ほんなあほな。
    うんうん、しまぽよさんの子側、見守る側手伝う側の考えも、もっともだし、
    親側の、「できないことが増えて、お荷物にはなりたくない・・・もそうなんだろうな~って。
    どっちも思いやりから出てる言葉だと思いたいです^^

    逝っちゃたら、何も出来ん~~( ノД`)

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    親の気持ちは、親にならないとわからない。
    うちの祖母が、母によく言ってました。

    親だって介護されたくないだろうし、かといって
    一人では、生活に支障が出る。
    心の葛藤は、なかなか上手くはいかないですね。

    ほんとう、逝っちゃったら何もできないです。
    あの世で、元気にしているだろうか?と、ふと思います。

    ほなさんいつもありがとうございます。

    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-08-07 (Sun)

    老人が不機嫌なわけ

    老人が不機嫌なわけ

    今日という日を味わう。ー 嫁の私 ーこんにちは、お立ち寄りありがとうございます。眉間にしわを寄せている高齢者を見ると、不機嫌なのでは?と思ってました。目が悪いだけなんですよね。私は、おっちょこちょいで、よく物にぶつかるです。先日コンビニで、支払いを済ませ帰ろうとしたときのことです。後ろに並んでいた人が怒鳴りました。「おい、おまえこのままにしておくのか💢」私が振り返ると、おじいさんが床を指し、真っ赤な...

    … 続きを読む

    No Subject * by ほんなあほな。
    怒ってる??って思った相手に、
    「「教えてくださりありがとうございます」と一礼」出来る、しまぽよさんが、ステキ。
    みんな、そんな心持だと、世の中、ギスギスしないよな~って。
    そうそう、私も大人眼鏡のお年頃だから、
    怒ってないのに、段々、眉間にしわが刻まれてきています(-_-;)

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    ステキですか?
    褒めていただきありがとうございます。
    教えてもらったから、お礼言わなきゃいけない
    と思ったので、怖かったけど。
    家で怒鳴られるの慣れているからかな?w

    私も顔がだるだるです。
    長く生きた証でしょうね。w

    ほなさんいつもご訪問ありがとうございます。

    しまぽよより

    No Subject * by なっつばー
    私は遠くを見るときに、目を細めたりして見ます。
    その様子を見て怒ってるの?って聞かれたことがあって驚いたことがあります。
    真剣な顔も怒ってみえるんですよねぇ。
    ちなみにオデコのしわが多いです。(^▽^;)
    ああ、どこから見ても穏やかな表情の人になりたいです~。

    Re: なっつばー 様へ * by -
    そうなんですよね。
    真剣な顔は、怒っていると、勘違いされやすいのです。
    義理の母おかんの排泄や入浴のお手伝いするとき、顔面叩かれたことあるんですが、理由が「顔が怖い」でした。
    一生懸命やっている顔が、怖かったのでしょう。
    親のお陰で気がつけました。

    それからは、人と接している時は、表情に気をつけています。
    自分の表情って、意識してないと気がつけないものですね。

    なっつさんいつもありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-07-29 (Fri)

    老いた親に必要なのは、与えるのではなく求めること。

    老いた親に必要なのは、与えるのではなく求めること。

    穏やかに介護を続ける秘訣。見過ぎるな、口出すな。ー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)不思議な生活を見守る嫁の私です。病気であろうとも老いても親は、親なのです。優しくすることは、何かをしてあげることだけでしょうか?自分は、不必要と感じると、どんな元気な老人でも落ち込むのです。人々の忙しそうなにぎやかな世界から、のけ者にされ、そこに戻りたくてももどれな...

    … 続きを読む

    No Subject * by ほんなあほな。
    子供の前では、ずーーっと「親」できたんですもん、
    急に、頼られなくなったり、指示されたり、出番が無くなったら、そりゃ~気持ちが沈んでしまいますよね。
    うんうん、時としてコチラも甘える、頼るが必要でしょうね。
    楽とは、何でもやってあげる事では無い、「楽しい」の楽がいいな~

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    お互いに「楽しい~」がいいですよね。
    介護する側も介護される側もお互いに支え合うと喜びがふえますよね。

    ほなさんいつもありがとうございます。

    しまぽよより

    No Subject * by なっつばー
    至れり尽くせりのお大名な生活よりも、私が居ないと家族が困っちゃうのよ・・・って思えることの幸せ。
    何でもしてくれる家族より、頼りにしてくれる家族の方が良いですね。
    元気な時には気が付かないことだと思います。
    私もお世話になるより、わんにゃんのお世話ができる幸せを望みます。

    Re: なっつばー 様へ * by -
    そうですよね。
    歳をとってもあなたが必要とされたいです。
    なっつさんは、いつまでも家族やわんにゃんに愛されます。
    なっつさんが愛しているように。

    いつもありがとうございます。

    しまぽよより

    Comment-close▲