fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 信頼関係
    2022-11-20 (Sun)

    しゃべらぬは、恐ろしきこと。

    しゃべらぬは、恐ろしきこと。

    お喋りは 心の扉をひらくー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を共にする嫁の私です。11月も、半ばを過ぎると、忙しさが増えますね。忙しくても、会話することは(とくに親と)大切ですよね。人って喋らないと、ネガティブになりませんか?会社同僚や友人、家族でも、喋ることが減るとよからぬ事を考えます。「あの人最近私を無視している」「私のこと嫌ってるだわ...

    … 続きを読む

    No Subject * by ほんなあほな。
    そうそう、超能力者や、読心術の使い手じゃ無いんだから、
    やっぱり会話が大事かと♪
    心配かけまいと、逆の返事が返って来ても、
    そのトーンや、間合い、表情で、伝わる事があるし。
    そして、それは、同じ共通言語を持たぬ猫にも通じる事だと思います。
    だから、かなり猫に話しかけて、おっちゃんに、「それはオレに言うてる?助に言うてる??」って聞かれますw

    煮魚、ポテサラ、美味しそう~
    砂糖入り納豆・・・・未知の世界だww

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    ほなさん、コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり、会話が大事です。
    とくに認知症をもつおかんは、自分ワールドで話すので
    頭と心をこれでもかってくらい使います。
    そうそう、猫も同じく話かけてると
    何かを感じ取ってくれますよね。

    あっ、幼い頃から、トマトや納豆は、
    砂糖をかけて食べてます。w
    ほなさん、いつもありがとうございます。
    しまぽよより

    No Subject * by なっつばー
    核家族化が進んで、お子さんでも独食とか。
    大人でもリタイヤすると、家族以外には会話する相手がいなくなりますね。
    私は幸いにも一緒に遊んでくれるわん友さんが居るので、出掛ける時は次に会う時の分までお喋りします。
    若い子は高齢者との会話は、何を話していいのか分からないと言います。
    でも、何でもいいんですよね。
    見かけは老人でも、心の中は青春時代のままなんですから~。(≧▽≦)

    Re: なっつばー 様へ * by -
    なっつさんコメントありがとうございます。
    ほんと、そう思います。
    うちの親も、近所の高齢者の方も心は、青春まっさかりです。
    お話を聴かせていただくと、目をキラキラさせて語ってくださいます。
    話せる人が身近にいてくれると、ありがたいですね。
    私の家は、親が出稼ぎしていたので、食事などは兄妹と祖母だけでしたが楽しかったです。
    お子さんひとりだと、寂しいですね。
    家族で食事できる世の中になるといいなぁ。
    なっつさんいつも気づきをありがとうございます。
    しまぽよより

    No Subject * by 園長
    しまぽよさん、こんばんは。

    喋るって大事なことなんですね。
    私はどちらかというと
    猫を相手にするか
    ボーッと空を眺めてるほうが得意なのですが
    もっと人間相手に喋るようにしよう♪

    しまぽよさんのお義母さんは
    ちゃんと話を聞いてもらえて幸せですね(*^_^*)

    Re: 園長 様へ * by -
    園長さんおはようございます。
    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり、しゃべること大事なんです。
    しゃべらないと相手の心がみえないので
    いらぬ噂も立ちやすいですよ。
    「あそこの奥さん愛想が無いわね」とか年配の方など意外と、
    人を気にしてくれますw
    幸せですねと言ってくださりありがとうございます。
    おかんと話すの楽しいから、私の方が幸せかも?w
    園長さんいつもありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-11-09 (Wed)

    ケアとは、人の痛みに気づくこと。

    ケアとは、人の痛みに気づくこと。

    青空を見上げるときは、少しだけ悩みを忘れている。ー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を共にする嫁の私です。人の言葉が、通じない猫だって「痛み」に敏感です。通院用のバック見ただけで、とんずらします。ケアとは、その人の痛みに気づくことから始まるのではないでしょうか?認知症をもつ親は、記憶が抜け落ちることから、さまざまなことが不確かに感じられ...

    … 続きを読む

    No Subject * by ほんなあほな。
    実際の行動ではなくても、
    言葉のかけ方でのネグレクトとかも、
    介護ではあるだろうなぁ・・・って思います。
    身内、血が繋がってる親でも、そうでない義親でも、それは言えるよなぁ・・・って、
    心をふむふむさせながら読んでいて、
    最後のドーナツで、笑ったわwww
    55個、出来れば頑張ってほしかったかもwwww

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    ほなさんのおっしゃるとおりネグレスなど介護でも増えてきてますね。
    悲しいニュースが、目につきます。
    近所でも幼い子が、親に無視されてるのを見ると心が痛みます。
    介護者でも保護者でも、そのことに気がついていないというか、
    自覚がないようにみえますね。
    自覚がないから、エスカレートして虐待に繋がるのでは?と。
    皆さん、ストレスたまりすぎているんだろうな。

    ドーナッツ、牛並みの胃袋があれば、食べたかもww
    ほなさんいつもコメントありがとうございます。
    しまぽよより

    No Subject * by なっつばー
    自分の痛みには敏感でも、他者の痛みには気が付かないこと多いです。
    相手の身になって考える。
    ずっと言われ続けてきたことですが、実はとても難しいことなんですよね。
    うちうち自分が大事で、他者の気持ちを置き去りにしてしまいます。

    Re: なっつばー 様へ * by -
    なっつさん、本当に難しいですね。
    相手の立場になって考えること、自分のことで
    精一杯だと気がつけませんよね。
    親の介護をやっていて、つくづく思います。
    心に余裕をつくること大事だと実感します。
    なっつさんいつもコメントありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-09-20 (Tue)

    老いた親とどう向き合いますか?

    老いた親とどう向き合いますか?

    スキンケアは、ニベアのみ。ー嫁の私ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を見守る嫁の私です。気がついたことを書いています。介護ってケアうんぬんより、歳をとってからの親子関係が一番むずかしいと思います。あなたは、老いた親とどう関わってますか?若いうちにできていたことが、ふと気がつくとできなくなっている。そういう意味で老いは、人生でため込んできたことを...

    … 続きを読む

    No Subject * by なっつばー
    一歩引いて見ることが難しい同居の親族。
    だからこそ公的サービスの利用は大事ですね。
    人を介して見て考える機会が得られます。
    たとえ時間がかかっても、そのことに気が付けるのは幸せなことですね。
    私は離れて暮らしていたので、偉そうなことは何も言えないのですけど・・・。(^▽^;)

    Re: なっつばー 様へ * by -
    なっつさんのおっしゃるとおりです。
    近すぎる関係は、ワンクッション置くことを知りません。
    第三者が必要です。ほんとに。

    離れて暮らしていたことで、わかることもあります。
    なっつさん、いつもよいお話をありがとうございます。

    しまぽよより

    No Subject * by ほんなあほな。
    うんうん・・・
    私は、同居で過ごしていた訳じゃ無いけれど、
    毎月、新幹線移動で、仕事の隙間を縫って、
    出来れば、旅費を浮かすために仕事の泊りを利用して、
    オトン、オカンの所に通い続けた、何年か・・・今思うと、楽しかったな~
    私は早くに親元を離れたんで、その数年が、最高に濃密に親と過ごせたと思っています。

    No Subject * by -
    しまぽよさん、こんばんは。

    私は結婚した時からずっと義両親同居で
    義弟も数年後からずっと同居。
    生まれ育った土地を離れて知り合いもなく
    ずいぶん辛い思いをしたので
    介護中 それを思い出してしまうのが
    一番 自分を苦しめました。
    まだぜんぜん知らない人のお世話のほうが楽!
    って思ったことがいっぱいあって・・・

    だから しまぽよさんの記事で
    ほんとにいろいろ 考えることとか
    改めて分かったこととかあります。

    いつも ためになるお話をありがとうです♪

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    最高に濃厚に親と過ごせたこと、素敵な日々だったと思います。
    オカンさん、オトンさんにとっても、幸せな時間を過ごしたことでしょう。

    私も実の母が亡くなるまでの23年間が、私にとって財産です。

    ほなさん、いつも素敵なお話をありがとうございます。
    しまぽよより

    Re: - 様へ * by -
    名前がなかったさん、こんばんは。

    わたしの話がためになるっておっしゃってくださりうれしいです。
    ありがとうございます。

    生まれ育った土地から離れて、ひとり心細いですし、自分だけ取り残されてるような気持ちにになりませんか。
    いろんなことが初めてで、なれるまで大変苦労されたのではないでしょうか?
    同居、同居じゃ息もつまりそうになりますもの。

    私も知らない人の方が楽だと思います。
    介護は自分との戦いの方が多い気がします。

    私の場合、寝たきりの実の親つきで結婚したので、義理の親や親戚から人間の弱さや本質など学びました。

    生きているといろんな荷物を背負いますが、
    自分が良いと思うものをえらんで歩いていけばいいのではないでしょうか?

    読んでいただいてありがとうございます。
    しまぽよより

    管理人のみ閲覧できます * by -

    Re: - 様へ * by -
    鍵コメ様

    教えてくださいまして、ありがとうございます。
    なんとなく、言葉の使い方で、そうかな?って思っていました。
    丁寧に対応してくださり、ありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-09-01 (Thu)

    こんなことで親に怒られます

    こんなことで親に怒られます

    私の上腕に 幸運の白い毛が生えました。ー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を見守る嫁の私です。些細なことだと私は思うのですが、親に激怒されます。些細と思うのは、私だけでしょうか?私は、兄妹から「ずぼら 大雑把」を教えていただきました。足で物をよけるなんて、お手のものです。そのことで、ガラスのように繊細な義理の親を、マグマのごとく噴火させま...

    … 続きを読む

    No Subject * by ほんなあほな。
    親に(義親でも)怒られる内が花~
    親も注意出来て叱れる内が花って、思ってくれてないかな~^^

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    ほなさんのおっしゃるとおりです。

    ある程度歳を重ねると、行儀がわるくても、
    誰も教えてくれないのです。あたり前ですが。

    叱られると、親のありがたみを感じます。
    実は親も楽しんで叱っているのかもしれませんね。怖いけどw

    ほなさんいつもありがとうございます。

    しまぽよより

    No Subject * by なっつばー
    このやり取りが元気の元かもしれません。
    私がいないとどうなっちゃうの?って。( *´艸`)
    それも必要な存在と思えるうちなのではないかしら~。

    Re: なっつばー 様へ * by -
    私もそう思います。
    怒ることは、自分の役割だと親は
    思っているのでしょう。
    病気になろうとも、親は親ですよね。

    なっつさんいつもありがとうございます。

    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-08-20 (Sat)

    自分の対応が自分に跳ね返ってくる

    自分の対応が自分に跳ね返ってくる

    王子さまは言いたした。「でも目ではみえないんだ。心でさがさなくちゃ」ー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を見守る嫁の私です。気がついたことを書いています。相手は、自分の鏡だという話を聞いて育ちました。相手が認知症でない場合でも、自分と考え方や違った意見を持つ人など仲良くなろうという気持ちが起こりにくくなると思います。考えや心構えがわかり...

    … 続きを読む

    No Subject * by ほんなあほな。
    星の王子様の言葉では無いけれど、
    「天に吐いた唾は自分に返って来る」って言う言葉も、私の中では、戒めの言葉です。
    逆に、笑顔は笑顔が帰って来て、
    嬉しい事は嬉しいで返ってくる。
    因果応報。うむうむ。
    認知症でも感情はあるんだから、嫌な事されたら言われたら、そりゃ~解かりますよね。もっとストレートに受けとめるだろうし。

    No Subject * by なっつばー
    他人は自分を映す鏡でもあるんですね。
    情けは人の為ならず。
    親を大事にしない人は、それを見て育った子に同じことをされるかもしれませんね。
    反面教師であればよいのですが。

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    おっしゃるとおりです。
    認知症の親は、相手の心を瞬殺で見抜きます。

    ほなさんがおっしゃるストレートそのものです。
    自分の気持ちに素直で、嘘をつきません。
    いつも親に教わっています。

    なぜか病院やデイにいくと、親に冷たいのです。
    悲しくなります。

    ほなさんいつもお付き合いくださり
    ありがとうございます。

    しまぽよより

    Re: なっつばー 様へ * by -
    足の不自由な人や目が見えない人など、周りの人が優しく関わっている姿をよくみかけます。

    うちの親は病気で障害がありますが、あまり優しくされません。
    同じ人間なのに。

    病院など、あからさまに嫌な態度をされます。
    皆さん親から習ったのでしょうか?
    自分自身そういう行いが、嫌にならないのでしょうか?
    不思議です。

    なっつさんありがとうございます。

    しまぽよより

    Comment-close▲