fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 便
    2023-10-09 (Mon)

    椅子に座れるのに、なぜ便座に座れないの?

    椅子に座れるのに、なぜ便座に座れないの?

    納得できないことは とことん追求する粘り強い80歳在宅中ー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を共にする嫁の私です。気がついたことを書いています。トイレのドアをひらくとですね。便座に座らず便まみれの大人が立っています。その姿に驚かない人は、いるでしょうか?注意:汚い話です。よもぎの花が咲いていました。義理の母ルール:命令するな、否定するな、急...

    … 続きを読む

    現実! * by マーニ
    凄まじいですね。
    だから ” 現実 ” なのでしょう。
    子供の頃に聞いた父親の戦地の話、
    人の枠を超えた人達の話でした。
    生きる事、生き残る事に執念を燃やして、生き残ってきた人の話です。

    お母さんの現実、恥ずかしい、情けないと感情が爆発して、ソレが周囲への攻撃に変わるなんて悲し過ぎる事ですね。
    優しい人が一番苦しまないとイケナイなんて、
    小さな覚悟など踏みつぶされてしまいそう、

    諦めて、サッサと片付ける。
    片付けばお母さんには忘れて笑顔が戻るのでしょう。ソレを良かったねと笑顔返せる人は美しい人でしょう。

    No Subject * by ほんなあほな。
    ただただひたすら、しまぽよさんの忍耐というか、心の切り替え様に感心を通り越して感動します。
    素早く片づけて、美味しいもんの時間はゆっくりと過ごせますように。。

    Re: マーニ 様へ * by しまぽよ
    マーニ様
    認知症の介護をしてから、人間の本能ってうまく
    できているなぁと思うようになりました。
    周囲への攻撃にみえますが、防衛反応なんですよ。
    自分を守ろうとしているだけなんです。
    人って、ささいな事実に傷つきやすいし、傷つくと怒るんです。
    そう思うと、立ち直ろうと必死なんだと感じます。
    片づけてしまうと、記憶障害も手伝って
    事実は消えるので、笑顔が戻ります。
    嫌な事は積極的に忘れる親を、私は見習ってます。
    過去に執着しても良いことはありませんから。(^_^)
    コメントありがとうございます。
    しまぽよより

    Re: ほんなあほな。 様へ * by しまぽよ
    ほな。さん心の切り替え様に感動してくださりありがとうございます。
    認知症をもつ親のお陰で、切り替えのコツを学べました。
    忍耐より清く諦める力を養えます。(笑)
    コメントありがとうございます。
    しまぽよより

    No Subject * by ReikoJanvier
    その時の気持ちわかります。姑が洋式便器のふたを開けずにそのまま座り排便したこと思い出しました。座ってくれたことはいいのですが・・・・。

    まだかまだか、これでもか、と続きそうですね、お身体壊されませんように.


    Re: ReikoJanvier 様へ * by しまぽよ
    ReikoJanvier様
    共感していただきありがとうございます。
    ふたを開けずにですか・・・たいへんでしたね。
    心労お察し致します。
    介護で排泄が一番たいへんだとつくづく思います。
    他人の便を見るのも、また粗相した片づけも
    自分との闘いですね。(笑)
    お気遣いありがとうございます。
    しまぽよより


    No Subject * by なっつばー
    おかんさんのルール、とても大事なことだと思いますが、こんな事故のような場面に出会ってしまったらルールを守るのは至難の業ですね。
    最後は笑顔で終われるしまぽよさんはスゴイと思います。

    Re: なっつばー 様へ * by しまぽよ
    なっつさん、事故のような場面に出会ってしまったらルールを守るのは
    至難の業ですねと共感してくださりありがとうございます。
    常日頃から平常心でいたいと思うのですが、修行が足りないようです。
    サッサと片づけてスッキリするとお互い笑顔に戻れると実感しました。(笑)
    いつもありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-12-13 (Tue)

    トイレでうまく排泄ができない。

    トイレでうまく排泄ができない。

    かっぱえびせんのおいしさの秘訣ひたすら食べ続けること。ー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイアマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を共にする嫁の私です。私の永遠のテーマ「排泄の介助」です。実の母親からはじまり、義理の両親も排泄のお手伝いを、長い間やらせてもらってます、が。今でも投げ出したくなります。w経済的に豊かなら、今すぐプロに任せたーい。もうね、朝起きたときのにおいで、「...

    … 続きを読む

    No Subject * by ほんなあほな。
    止められないとまらない~♪ですね^^
    かっぱえびせんには、ちゃんと、海老が入ってるらしく、
    家の海老アレルギーのおっちゃんは、食べれません(;^_^A勿論、坂角の海老煎餅は、もってのほかですw

    実のお母様、義理の御両親と三代(?)に渡って考えお手伝いされてらっしゃるしまぽよさんの名探偵っぷりは、コナンを超えた!!

    なんて、茶化してますが、すごい事だと思っています^^vv

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    ほな。さんコメントありがとうございます。
    かっぱえびせんダメですか~残念です。
    かっぱも入ってるかもしれませんが、
    アレルギー反応って敏感で怖いですね。
    うちの主人は、生の卵に敏感で、棺桶片足つこんだことがありました。
    アレルギーって謎が多いです。食生活たいへんですよね。
    ほな。さんよく頑張っていて、私も励みになります。
    三代渡って介護していますが、すごい事でしょうか?
    そう言われると調子にのって嬉しいです。ありがとうございます。
    よくあるような事だと自分では思ってますw
    うちの祖母もそうだったので。
    ほな。さんいつもありがとうございます。
    しまぽよより

    No Subject * by なっつばー
    かっぱえびせん、美味しいですね。
    でも、観光地でカモメの餌として売ってるのを見ると、何だかな~って思っちゃいます。
    しまぽよさんは名探偵で、名女優ですね。
    だけど、やっぱり悩み考えながらの介護は本当に大変だと思います。
    先の読めないことは疲弊しますね。
    その中でお互いが幸せでいられるようにと、いつも考えて行動されてるしまぽよさんはスゴイと思います。

    Re: なっつばー 様へ * by -
    なっつさんコメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり、認知症をもつ親は、日常生活が不可解な行動になるので悩み事だらけです。
    ですが、悩み事を楽しんでいる自分もいるので驚きます。
    名探偵、名女優ですか~穴があったら入りたいです。
    嬉しいお言葉ありがとうございます。

    カモメさんも、かっぱえびせんスキなんですね~
    私といっしょで嬉しいな♡

    なっつさんいつもありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    2022-12-11 (Sun)

    排泄のお手伝いは、とてもデリケート

    排泄のお手伝いは、とてもデリケート

    粒あん派ですー 嫁の私 ーお立ち寄りありがとうございます。アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)ふしぎな生活を共にする嫁の私です。あなたは、大人の排泄のお手伝いをしたことありますか?恥ずかしいところを見なくては介助ができません。とても配慮が必要ですね。私、おっちょこちょいで、がさつなんで怒らせちゃうんです。こんなことをすると親の自尊心傷つけて怒られますってことを書いています。わたしは、トイレでう...

    … 続きを読む

    No Subject * by ほんなあほな。
    あ、私も、粒あん派デスww

    私は、親の下のお世話をしたことが無かったんで、
    実際、この先、おっちゃんの下を考えたら、悩むだろうなぁ。。。
    私も、やっとこさ出ると喜ぶタイプだし、声も大きいタイプだからなぁ(;^_^A気を付けねば。

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    ほな。さんのおっしゃるとおり、下のお世話は悩みます。
    今でも余裕がないときがあるので、配慮するのは
    難しいと感じています。
    大切なことを忘れるので、文章に残してます。w
    ほな。さんいつもありがとうございます。
    しまぽよより

    No Subject * by なっつばー
    私も粒あんが好きです!(≧▽≦)
    介護は同性よりも異性には特に気を使いますね。
    母よりは父の時の方が気を使いました。
    ただ実の親なので、わりと普通に出来た気がします。
    勿論、親としての尊厳は守るように配慮はしました。
    ほとんど認知症状がなかったのもスムーズにできた要因だったかもしれませんが。
    ケースバイケースですが、とにかく自分だったらと、立場を置き換えて考えてみることも大事かもしれませんね。

    Re: なっつばー 様へ * by -
    なっつさんのおっしゃるとおり異性の方は特に気をつかいますね。
    私も義理の父の時は、特に気を配りました。
    自分自身に父親がいないせいなのか、父親という存在が
    よくわからなかったですし、入浴や排泄は苦労しました。w
    介護しているといろんな自分に気づけるし
    生き方を親に教わっているなぁとよく感じます。
    一つのことに集中すると心配りを忘れてしまうので
    気をつけたいと思いブログに書かせていただきました。
    なっつさんいつもありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲